日立ポートサービス TEL0294-53-9313

にっぽん丸花火大会クルーズ 実施風景2015

にっぽん丸花火大会クルーズ 実施風景2015
毎年恒例!大洗海上花火大会に、今年もにっぽん丸がやってきました。
花火大会クルーズまっさかり!かもめも大洗花火へ!
こんにちは、かもめ課長です。
大洗花火大会に行って来ました。開催されたのは7月25日、だいたい2週間前です。横浜から沢山のお客様をお連れして大洗の港には早朝入ったにっぽん丸。海開きをしたばかりの大洗サンビーチは観光客と海の家で活気づいていました!
花火大会当日とあって港の目の前にあるアウトレットでは出店が設置されてこれまた大勢の人で賑わっています。普通の休日は日が暮れてくにつれて静かになりますが、花火の場合は段々と暗くなるにつれて賑やかになっていくのが面白いですね。
まだ花火大会までは時間があるので大洗の商店街をふらつくかもめです。お昼には地元のイワシ天丼を頂いて一息つきました。商店街の中程には花火屋さん?のようなお店もあったりしてワクワクです!
大洗商店街散歩からカフェでゆっくりしていると時間が過ぎるのはあっという間。だんだんと打ち上げの時間が近づいてきたので花火見学のスポットにいきました。大洗マリンタワーというのが港のシンボルにもなっているのですが、その上も当日は普通の入場料で入ることが出来るのです。
・・・打ち上げよりも少し前に来たのですが、なんと迎えてくれたのは夕焼けでした。海の近くで見る空の広いこと。空の色があまりにも神秘的で言葉を失ってしまいました!花火が見られなくてもこれだけで価値があります!ですが、花火はやっぱり見たいです!
ドンッ。開始から体の芯に響く開花音。これこそ近くで見る花火の醍醐味です。大洗花火大会は1時間の間に打ち上げるのは3000発。実は都内や大きな花火大会と比べるととても少なく感じる発数です。それもそのはず、ひとつひとつが他の花火大会のフィナーレ級に大きなもの、それが3000発と思うと、むしろとっても豪華なのです!
中には変わり種もあがりました。あんこうで有名な大洗、そこで打ち上げられたのは大洗名物「あんこう花火」。それに加えてお隣町の日立を代表するゆるキャラ"タコピン"をイメージしたのか「タコ花火」もあがりました!
夜空に煌々としたきらめきをくれる花火の数々。大きなサンビーチは露店で賑わい、タワーやショッピングモールも大勢の人で活気づいています。そんな中、人混み知らずで最高の場所にいるのはにっぽん丸!もちろんただ停まっているだけではなくお客様がデッキで花火を楽しんでいらっしゃるのです。
にっぽん丸は花火クルーズを年に何本も運航しています。この大洗の翌日にも熱海花火大会に向けて出航しました。こうして最高の場所でゆっくりといつか花火を見てみたい、そんな憧れの時間を是非にっぽん丸で過ごしてみてください。・・・さて、渋滞の中を東京まで帰るかもめはちょっと時間をずらしてタワーの閉館時間までゆっくりして夜空を眺めていきました。きっとにっぽん丸の皆さんも月を見上げて祭りの余韻を楽しんでいるころかなぁと思いました!
クルーズツアーに関するお問い合わせや資料請求、お申込みはこちら

?